手当 病院 裏事情

手当の良い病院の裏事情

私は以前、年俸制の病院で働いており、転職する際に、月額○○円と言う給料を提示されて「結構、給料が良いな。」と思い、転職をし失敗した経験があります。

 

年俸制の病院の場合は、ボーナスが年俸の中に入っているので、月額に換算するとボーナスも12分割されるので、月額がかなり高くなります。

 

一般の病院の様に、月収制の場合は、月収+ボーナスですから、年俸制の病院に比べて月額が少なくなります。

 

私は年俸制と月収制の違いを良く理解していなかったので、給料が高いと勘違いして入職してしまいました。

 

他にも、病院の給料はからくりと言うか裏事情があり、求人誌などでも、基本給は詳しく載せていない病院が多いと思います。

 

基本給+諸々の手当を月額いくらと言う形で載せているので、実際には月額が高く感じると思いますが、基本給が安く手当の高い病院は、ボーナスや退職金が安いので年間に数十万以上の損をする事になります。

 

いくら手当の高い病院でも、ボーナスや退職金は手当は換算されませんから、意味がありませんね。

 

よく、看護師の資格手当が高い病院がありますが、公立や私立の大学病院などのように基本給が高い病院は、手当は安い所がほとんどです。

 

私は、県立病院に勤めていた時の基本給と、その後転職した民間病院の月の総額(基本給+諸々の手当の総額)が同じ位で、公立病院の基本給の高さにビックリしましたし、年間の昇給の金額も民間に比べると高いですね。