看護師 夜勤手当 国立

国立の看護師夜勤手当

国立病院は現在では独立行政法人に変わりましたが、身分は準国家公務員に当たるので、待遇は割と良いと思います。

 

全国に沢山の独立行政法人の病院がありますね。

 

全国にあるので、もちろん独立行政法人病院の間で転勤する事も出来ます。

 

看護師の給料の面で言うと、安い方に入ると思います。

 

しかし、昔ながらの年功序列の名残がある病院なので、永続勤務の方には待遇が良いとも思います。

 

それは、私は主人の転勤を機に国立病院に転職しようと、面接を受けに行きました。

 

もともと、友人が他の国立病院で働いていたので、それ程給料が高くない事は分かっていたのですが、友人よりは経験年数が多かったので少し期待をしていた部分もあります。

 

やはり、永続勤務でない途中入職には待遇が悪いと感じました。

 

今までの勤務経験は基本給に反映すると言いながら在籍の確認や、パート・アルバイト・非常勤の期間は経験年数に入れないなど条件が多かったです。

 

そして、定時された金額は安くて、他のクリニックの方がよっぽど給料も待遇も良いものでした。

 

夜勤手当も、準夜勤で3500〜5000円位、深夜勤でも4000円〜6000円位です。

 

しかも、中途入職の場合は、安い賃金で始まるので夜勤をしても手当ては増えない!

 

身分は安定しているけど、それ以外に魅力は感じませんでした。

 

より好条件での求人を希望する方は、求人情報サイトへの登録をお勧めします。

 

求人情報サイトでは、より好条件での求人を沢山紹介してくれますし、給料や休日面の交渉など全てのサービスが無料なので、とてもお勧めですよ。